top of page


 
 媚びたっていいじゃない

ポエムだっていいじゃない

造り手の想い、空間、サービス
五感を通じ感じたコト


私なりの解釈でお届けします。

姫路ええやんタイトル.png
IMG_4413.PNG

 ビストロクロシェット

神奈川 川崎




" 何気ない寄り道こそ
幸せのカタチなのかも知れない。"


.
緑に包まれたファサード
こぼれる明かりが
なんだか心に優しくて

引き寄せられるように中へ。

.
外観と違わぬ
ぬくもりに満ちた空間。

愛情をたっぷりで
辞書のようなワインリスト。

朗らかな笑顔の奥様。
元気いっぱい出迎えてくれる。

"ここに立ち寄ってよかった"と、
一瞬のうちに安堵する。

.
"姫ホタテの白ワインマリネ"

貝殻を持ち上げて、
ひと口でスルッと流し込む。

口いっぱいに広がる春の豊かさ。

ゆっくりとじんわりと
身体に季節を馴染ませていく。

.
優しい時間が過ぎていく

この街に帰って来たくなる
ぬくもり溢れるレストラン。

IMG_4417.PNG
IMG_4422.PNG
IMG_4418.PNG
IMG_4420.PNG

 

​✥

姫路ええやんタイトル.png
IMG_4405.PNG

 LOVE ワインとビストロのお店

東京​ 世田谷 二子玉川




" 小僧でいられる場所。"


.
陽もすっかり暮れた柳小路
ふわりと抜ける穏やかな春風。

横目で過ぎる千年格子
石畳をひとマス飛ばしで歩く。

.
"ホタルイカのニース風ピザパイ"

サクッと噛み締めた
エアリーなパイ生地の隙間から

ホタルイカとアンチョビの
力強い豊かさがドバッと溢れ出す。

咀嚼するたび満たされて、
脳内全部ホタルイカ。

.
"このピザパイ、
めっちゃホタルイカですね!!"

考えるより先に、
言葉が無邪気に飛び出していく。

その感覚が最高に心地良い。

.
この場所はいつも、
自由を思い出させてくれる。

IMG_4409.PNG
IMG_4408.PNG
IMG_4410.PNG
IMG_4411.PNG

 

​✥

姫路ええやんタイトル.png
IMG_2829.PNG

 ハレクラニ沖縄

​沖縄 国頭郡恩納村名嘉真




"海が美味い。"


.
天国にいるかのような
高揚感に味覚がくらむ。

信憑性はさておき、
自身の知ってるそれとは
どこか違う気がした。

.
翡翠色の海ぶどう
本鮪のデリケートなピンク
肌を撫でる柔らかな潮風

全てが"らしさ"を演出する。

.
美しいサンセットのあとに
広がる静かな夜
耳元に届くのは波音だけ。

何もかもが透き通ってしまいそうで
溢さぬようにと手を伸ばす。

そっと確かめるひと雫。

IMG_2833.PNG
IMG_2831.PNG
IMG_2835.PNG
IMG_2830.PNG

 

​✥

姫路ええやんタイトル.png
IMG_2839.PNG

 龜屋 一睡亭

​ 東京 台東区上野




"うざくの色気。"


.
決して華美でなくていい。
手間をかけなくていい。

四季の豊かさを感じとり、
この一人の無粋な男に
季節の到来を教えていて欲しい。

冗談まじりに話すその瞳は、
真っ直ぐに前を見据えていた。

.
艶やかな鰻を前にして、

うざくが好きだった
その人のことを思い出した。

老若男女問わず惹きつける
色気のある香ばしさ。

ググッと味わい甲斐のある
肝の据わった逞しさ。

.
しみじみと美味い。

お重の隅のひと粒まで
確かに掬って噛み締める。

IMG_2840.PNG
IMG_2841.PNG
IMG_2842.PNG
IMG_2843.PNG

 

​✥

姫路ええやんタイトル.png
IMG_2848.PNG

 炭焼 小料理 わさび

​ 東京 目黒 自由が丘




そら豆の青さが嬉しい。

.
あさりの茶碗蒸し、たらの芽天ぷら。
赤茄子炭火焼き、菜の花豚バラ巻き。

桜海老と玉ねぎのかき揚げ。
海鮮クリームコロッケ、わさび土鍋ご飯。

.
雪解けを待つ芽吹き。
じっと寒さを耐え抜いた
淡くも力強い滋養。

素材をこねくり回さず、
本来の魅力をしっかりと引き出す。

甲斐甲斐しくも、
料理人としての自負を
ガツンと感じる仕立て。

.
淡い緑、味覚に響く小さな春。

ふきのとうの登場が待ち遠しい。

IMG_2850.PNG
IMG_2852.PNG
IMG_2853.PNG
IMG_2855.PNG

 

​✥

東京 黒.png
東京こじれ 黒.png
bottom of page