KANSAI . HOTEL eeyan

ホテルええやん 

関西 ホテル gourmet information

image71.jpg

THE THOUSAND KYOTO

ザ・サウザンド キョウト

TEA&BAR

秋のクラシックサウザンドアフタヌーンティー

 ~ 京都の美秋再び “芋栗南瓜” ~

「THE THOUSAND KYOTO(ザ・サウザンド キョウト)」では、

2020年9月1日(火)から11月30日(月)の期間中、

「TEA&BAR」にて

「秋のクラシックサウザンドアフタヌーンティー ~京都の美秋再び“芋栗南瓜”~」

が提供されています。

 

 

スタイリッシュなフォルムが目を惹く

シンメトリーなアフタヌーンティースタンドには、

アートピースの様に繊細な輝きを放つ紅芋や和栗、

かぼちゃなど、秋の味覚をふんだんに取り入れた

スイーツやセイボリーがアセンブル。

 

 

ザ・サウザンド キョウトが贈る

贅を尽くした至高のティーエクスペリエンス、

気品に満ちたオータムカラーのアフタヌーンティーを詳しくご紹介します。

<スイーツ>

4種のモンブラン食べ比べ

(和栗モンブラン、仏栗モンブラン、紫芋モンブラン、南瓜モンブラン)

 

プティポワールと小豆の栗タルト

メープルクリームのアイスクリーム見立て

南瓜クリームのシベリア仕立て

 

<セイボリー>

ハーブチキンとラディッシュのクロワッサンサンド

キノコとベーコンのキッシュ

南瓜サンドウィッチ

芋チップとシメジのカナッペ

 

<スコーン>

プレーンスコーン

栗スコーン

 

マスカルポーネクリーム、ほうじ茶と栗のペースト

 

<ドリンク>

ドリップコーヒー、エスプレッソ、カフェラテ、和紅茶、和紅茶フレーバー、

日本伝統茶、紅茶など20種以上がお好きなだけ飲み放題

 

スイーツに focus on

 

上段には今回の目玉となる、

多彩な栗の共演を楽しめる4種のモンブラン食べ比べが登場。

 

そして取材時は期間限定でハロウィン仕様となり

とってもラブリーな躍動感、愛嬌あるそのビジュアルは

食べるのを躊躇してしまいそうな芸術的な佇まいです。

南瓜モンブラン(左)はかぼちゃと

チーズのチョコレートガナッシュを合わせ、

ボトムはホワイトチョコで構成。

風味豊かでクリーミーな味わいが特徴的な

モンブランラバーの心を燻るアイテムです。

 

高級で上品な味わい、

力強い香りが特徴の和栗モンブラン(右)は

奇をてらわない安定感ある王道の味わい。

きなこを合わせたクリームは

和栗の風味をシンプルに引き立てます。

パステルピンクが目を惹く

フェミニンな魅力漂う仏栗モンブラン(左)は

甘酸っぱいラズベリーのピューレを使用したゼリーと

クリームにはローズの香りをプラスし高貴でエレガントな

大人の味わいが際立ちます。

 

紫芋モンブラン(右)は滑らかな紫芋のモンブランクリームと、

土台にはほうじ茶風味のチョコレートを合わせた自然な甘さと

芳醇な香りを楽しめる技冴え渡る逸品です。

プティポワールと小豆の栗タルト(左)は

はちみつレモンを加えてコンポートした甘露な洋梨を

丸ごと1個のせた見た目にも贅沢感ある一品。

濃厚でやわらかな口溶けの洋梨のコンポートの食感に

より引き立てられるリッチな栗の風味。

そしてタルトと洋梨の間には粒あんを忍ばせ、

和洋折衷、斬新な一体感を楽しめる技さえわたる逸品です。

 

メープルクリームのアイスクリーム見立て(右)は

立体感あるユニークなビジュアルにも注目。

香り高く円やかなメープルムースを

ホワイトチョコレートでコーティング。

そしてトップのチョコレートのフレイバーの

ワッフルコーンには先までサワークリーム仕立ての生クリームがたっぷり。

さり気なく存在感を放つ南瓜クリームのシベリア仕立ては

かぼちゃの風味を効かせたクリームをサンドしたダックワース。

アーモンドの風味とメレンゲ生地の軽やかな生地の食感と

滑らかな南瓜クリームが口の中で融合し、

質の良い上品な甘みを演出した滋味なる優しい味わいの一品です。

セイボリーに focus on

 

ハーブチキンとラディッシュのクロワッサンサンド(左)は

サクサク、ふわふわのクロワッサンに弾力ある爽やかなチキンと

フレッシュなラディッシュの見事な一体感を楽しめる秀逸なセイボリーです。

 

芋チップとシメジのカナッペ (右)は

ハード系のバゲットにソテーした風味豊かなしめじと

クリスピーなさつま芋のチップを乗せたクリエイティブなビジュアルにも

心惹かれる傑作セイボリーです。

こんがりとおいしそうな焼き色の付いたキノコとベーコンのキッシュは

卵、パイ生地、脂ののったジューシーなベーコン、

きのこのこりこりした歯触りが個々に楽しめる塩味を齎す一品です。

南瓜サンドウィッチは

南瓜ペーストとツナをもっちりとした生地のバンズでサンド。

ハンディサイズで食べやすく、

野菜とシーフードは罪悪感のないヘルシーなアイテムです。

スコーンに focus on

 

 アフタヌーンティーの醍醐味でもあるスコーンは

「プレーン」と「栗」の2種で展開。

紅葉を添え麗らかな秋を表現した、アーティスティックなプレートは

まるでキャンパスに描かれた絵画を彷彿とさせる造形美。

スコーンのお供はマスカルポーネクリーム、ほうじ茶と栗のペースト

そして一粒の渋皮栗添えられテーブルイン。

スコーンは人肌程度にに熱を帯び両者ともに外はサクサク、

中はしっとりふかふか食感も楽しく仕上がっています。

淡雪の様な繊細な口溶けのマスカルポーネクリーム、

ほうじ茶と栗のペーストは、ほうじ茶の渋みと栗の風味が見事に融合。

栗の味わいを活かしたほっくり季節感ある

スコーンとの相性も抜群です。

ドリンクに focus on

 

セットのドリンクは和紅茶や日本伝統茶、

コーヒーなど20種以上からセレクトでき、なんとフリーフロー。

 

カフェバーではなくティーバーとネーミングからも伝わるように

「現代の茶会」をコンセプトされており、

和紅茶や日本伝統茶日本茶実に多彩なティーメニューがラインナップ。

しかしながらコーヒーメニューも湯量、蒸らし時間、待ち時間、抽出時間、

お湯の注ぎ方まで独自にこだわられ、こちらも専門店を凌ぐ

気鋭のラインナップで展開されています。

 

そして茶器やコーヒーカップなどテーブルウェアも全てオリジナル。

紅茶はスタッフさんの美しい所作と共に丁寧に注がれます。

 

 

まずはウェルカムティーとして、

京都府和束町産の和紅茶「ザ・サウザンド キョウト オリジナル」の

アイスティーが登場。

すっきりとした味わいのオリジナルブレンドの和紅茶は、

序章にふさわしい爽快感あるクリアな1杯。

モンブランに合うというおすすめの「燻製紅茶 洋酒樽」は

静岡産のお茶を洋酒の樽でスモークすることにより作らた

個性的でインパクトある香りが特徴的な紅茶。

スモーキーな味わいはモンブランとよく合います。

アイスクリスタルゴールデンドロップティーは

温泉水で半日かけて抽出したものを24時間ねかせて作られた烏龍茶。

 

口に含んだ瞬間は緑茶の様な丸み、

そして最後は甘いバニラの香りが押し寄せます。

 

香りほうじ茶(京都府産)は和束町の煎茶の茎の部分を香り高く焙じ、

ほっとするやさしい香りが特徴です。

マンデリンリントンは口に含んだ瞬間に弾けるアロマと

後から押し寄せる豊かなコクとキレのある酸味。

ナッツを思わす甘みと香ばしさはフードとの調和を楽しめる

ワンランク上のコーヒーです。

入店時の検温、アルコールによる手指の消毒の徹底、

各テーブルにはマスクケースがスタンバイされ

ソーシャルディスタンスを意識したレイアウトなど

万全の対策が取られています。

 

ホテルの新型コロナウイルス感染症拡大防止ガイドラインについては

ちらよりご覧頂けます。

JR京都駅中央口より京都駅ビルに沿って徒歩2分。

2019年1月京都駅前に誕生した

「THE THOUSAND KYOTO(ザ・サウザンド キョウト)」

京都の知恵とヒントに創られた洗練された空間美や

館内の高級レストランなど、

もはや京都駅界隈の人気ホテルとして

確固たる地位を築き上げつつある話題の

京阪グループのフラッグシップホテルです。

『コンフォート・ミニマリズム』のデザインコンセプトの下、

シンプルで洗練されたデザインで、

日本的な心地良さを感じる空間を創造した

360°アーティスティックな館内。

大階段の大胆なアプローチ、屋内とは思えぬほど広々とした

贅沢な空間使いの自然光あふれるロビーは粗密格子に囲まれており、

昼と夜で表情が変化。

光と影が協和 した、陰翳礼讃の世界観を創出され、

2019年にはグッドデザイン賞を受賞するなど

そのファッショナブルな佇まいは日々来館する人々を魅了しています。

カフェ&バー「TEA&BAR」

 

京都に伝わる茶の湯文化を現代的にアレンジした

カフェ&バー「TEA&BAR」

2つのエリアがゆるやかにつながる店内は開放的なカフェゾーンと、

シャープでモダンなバーゾーンで構成。

和モダンな空間で本格的なお茶を様々なスタイルで

展開する現代の「茶会」を演出されています。

 

お席はテーブルとカウンター、相席の大机で構成。

ガラス張りの奥には竹林の景色が広がり、

京都ならではの奥ゆかしさを享受、スタイリッシュながらも

凛とした空気感に包まれるハイセンスさを極めた和と洋の融合空間です。

 

どのアイテムも和洋織り交ぜた

古都の甘味とホテルパティシエの技術を存分に楽しめる

出色の味わいです。

アフタヌーンティーにて芸術の秋を堪能でき、

ドリンクのフリーフローと正に悠々自適なタイムレスコンフォート空間。

スタッフさんは皆商品知識豊かで、

スマートなホスピタリティも魅力の一部です。

 

プロフェッショナルな味わい、

優雅なひと時をもたらす古都のリゾート空間は

恋人や親子でゆったりまったりと、

そして自分へのご褒美としても最適です。

京都ならではの風流な空気感に満たされる穏やかなティープレイスで、

唯一無二の上質時間を堪能してみてはいかがでしょうか?

❋ ❋ ❋

秋のクラシックサウザンドアフタヌーンティー

~ 京都の美秋再び “芋栗南瓜” ~

 

期間

 2020年9月1日(火)~11月30日(月)

 

料金

お一人様:3,800円

場所

2F カフェ&バー「TEA&BAR」

 

 

- 注意事項 -

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため「密」回避策として、

10月1日からアフターヌーンティーのご予約を

11:30からもご予約受け付けさせていただきます(11:30~14:30までのご利用)

※2日前までにご予約ください。

※表示価格にサービス料13%と消費税が別途かかります。

※食物アレルギーのあるお客様は、予めスタッフにお申し付けください。

※メニュー内容及び食材の産地等は仕入れの都合により

変更になることがございます。

...

THE THOUSAND KYOTO

京都市下京区東塩小路町570

 

075-354-1000

記事|EX特派員:_cards_

© 2019  Copyright (C) 関西ええやん All Rights Reserved.