top of page
大阪ええやん.png
D8F7555A-0E88-4272-A744-2AAF23DBE1DB.jpg
いつぞやの横白.png
いつぞやの2横白.png
いつぞやの横黒.png
いつぞやの2横黒.png

月日は百代の過客にして
とはよく言ったもので。

己が半生を顧みて、
その半ばほど迄は広島で、後の
半分は関西あたりで。

朝な夕なに
種々(くさぐさ)の味物(ためつもの)を乞い祈み
只管に勤しみ励み…

なんて日々は
まだまだ先のようで。

3628164F-0E9A-4A6B-AD17-7238962B1617.jpg
F6C5C23E-2396-4987-A19D-E9BEA5AE6EE1.jpg

 お好み焼ん:広島 山県郡 安芸太田町。

いつぞやの昼餉。

広島県は山県郡、安芸太田町。

中国自動車道の
戸河内インターチェンジに隣接する、
道の駅 “ 来夢とごうち ” のほど近く。

国道191号線沿いのこちらのお店へ。

お昼ごはんでこの日にいただいたのは、
「お好み焼」(600円)。

雪の残る肌寒さに、鉄板の生み出す温もり。

いいですね。

そばは1玉でお願いしました。

キャベツたっぷり、ネギたっぷり。

マヨネーズも忘れずに。

久々に口にせし、広島の味。

美味しく、そして懐かしく。

ごちそうさまでした!
ありがとうございました!!

657BA878-251C-4E0C-AAC7-9E4728DF637A.jpg
DD3FC87A-B522-42D6-B6FE-B9BB86A9D2D5.jpg
D6F5F5A7-59C1-4103-B03C-88E0C7D48BAE.jpg
0D487FC4-8D97-49D5-A206-2B0CCC0C9BDB.jpg


 
826850BB-C4FB-4FB5-8998-8D176DE3ACB5.jpg

 鯛焼屋 よしお:広島 山県郡 安芸太田町。

『鯛焼屋 よしお』(山県郡安芸太田町)で、
つぶあんギッシリたい焼き!

いつぞやの間食。

広島県は山県郡、安芸太田町。

平成15年(2003年)に廃駅となった
JR可部線・加計駅の跡地に建つ、太田川交流館かけはし。

そのお隣で店を構えるのがこちら。

創業は昭和45年(1970年)。

50年以上の歴史を有し、地元で愛され続ける名店です。

太田川交流館の無料駐車場を利用すると便利。

この日にいただいたのは、「鯛焼き」(180円)。

国産の小麦を使い、
直火でサックリと焼き上げられた
羽根付きの鯛の中には、ふんわりとした生地とともに
北海道の十勝で育まれた小豆から丁寧につくられた餡がたっぷり。

いいですねぇ。

車中でまずひとつ、
自宅でもうひとつ。

美味しく、
そして
懐かしく。

ごちそうさまでした!
ありがとうございました!!


6455B74E-9019-4892-A96C-30E9D6D8C332.jpg
C9D08F33-2A36-418D-B469-26AD8C2D873A.jpg
A8D54C63-8A6F-47E2-BC42-0396079BF8FC.jpg
47F2683F-3FA4-4A13-AD3B-A78783A55D88.jpg


 
DDFEBF8C-A0A1-4739-8045-FEB7C3D425EA.jpg

 お好み焼・鉄板焼 なんくる:東大阪市 布施

「牡蠣ねぎ」(1,270円)
 

いつぞやの昼餉。
最寄り駅は、近鉄の布施駅。

とある休日の昼下がり、日に日に増していく寒さを
マスク越しに感じながら、足早に進むアーケード街。

一目散に駆け込む先は、かの人気メニューが
今年の冬も始まったという、
こちら。

滾る(たぎ)る気持ちを胸にお目見えを待っていると、
ほどなくして眼前の鉄板に。

必須アミノ酸をすべて含むなどその栄養豊富さでも知られる、
冬に旬を迎える食材の代表格のひとつ、
牡蠣。

コテをその手に鮮やかなる緑の海を割れば、
そこに出でたるは存在感ある2Lサイズの牡蠣、かき、カキ。

牡蠣の濃醇な味わいとねぎの香味との待望の再会、
これぞ深甚なる幸せ。

ごちそうさまでした!
ありがとうございました!!


D8F7555A-0E88-4272-A744-2AAF23DBE1DB.jpg
IMG_2802.PNG
IMG_2791.PNG
IMG_2800.PNG


 
IMG_2757.PNG

 船場カリー 東心斎橋店:大阪 東心斎橋

 

ジャンボチキンと温泉玉子


いつぞやの昼餉。

大阪市は中央区、東心斎橋。

最寄りの大阪メトロ・堺筋線の長堀橋駅から徒歩すぐ。

寒風吹きすさぶ外界から、
ほどよく暖かな店内へ。

いただいたカリーは、この日のサービスメニューの
「ジャンボチキン + 温泉玉子」(980円)。

イカ墨の入ったコクのある黒いルーで人口に膾炙する、
大阪は船場生まれのカレーチェーン『船場カリー』

まったりとしたルーに
その半身をブラックに染め上げられた
ジャンボチキンカツに、別皿の温泉玉子を載せれば諸事万端。

流れゆく黄身の姿を堪能しつつ、
一気呵成にいただきます。

ごちそうさまでした!
ありがとうございました!!

IMG_2758.PNG
IMG_2773.PNG
IMG_2772.PNG
IMG_2775.PNG


 
IMG_2776.PNG

 中国料理 大成閣:大阪 東心斎橋

中華ディナー!
いつぞやの夕餉。

大阪市は中央区、東心斎橋。

最寄り駅は、大阪メトロ・御堂筋線の心斎橋駅。

5番か6番出口からが最短ルート。

仕事関係の会食で、大阪・ミナミの中華の老舗へ。

この日にお願いしたものをあげていくと、
1番目から4番目が、鮮やかな色彩が目を引く
「五目野菜炒め」(990円)で、その次が
「焼き豚」(770円)。

6枚目と7枚目にあげているのは、こちらの名物のひとつである
「春巻き」(990円)で、その後が
「焼きギョーザ(8個)」(792円)。

そして、
最後に載せた一品が、山椒のアクセントがたまらない
「うずらの紹興酒漬け」(385円)。

一献傾けつつ、多彩なお料理を堪能。

話も弾み、足取りも軽くお店を後に。

ごちそうさまでした!
ありがとうございました!!

 

IMG_2777.PNG
IMG_2786.PNG
IMG_2784.PNG
IMG_2788.PNG


 
3628164F-0E9A-4A6B-AD17-7238962B1617.jpg
いつぞやの横黒.png
いつぞやの2横黒.png
bottom of page